1. トップ
  2. コラム
  3. 改築の基本情報をわかりやすく解説 │あなたの家に必要な工事を探そう!

改築の基本情報をわかりやすく解説 │あなたの家に必要な工事を探そう!

改築したいけど分からない、失敗したくないという想いをお持ちではないでしょうか?私たち株式会社ユニテが30年間様々なお客様の改築を行ってきた経験から、改築の基本情報やあなたの家に必要な工事をまとめてみました。

監修者
一級建築士/O.Fumihiro
一級建築士
O.Fumihiro

株式会社ユニテ 設計部

設計部門の責任者として年間20棟以上の新築住宅設計を手掛ける。

【 保有資格 】

一級建築士 / 建築施工管理技士一級 / 宅地建物取引士 / 応急危険度判定士

「自宅が古いので住みやすいように改築したい」あるいは「改築しよう」と思っている方もいるのではないでしょうか。

なかには、実際に自宅の改築を行ったと言う話を周囲から聞いても、いまいちピンと来ないと言う方もいるでしょう。

 

自宅の状態や状況などによって本当に改築が必要なのか、あるいは別の方法で工事すべきかが異なります。

 

本記事では、改築について意味や他の用語との違いなど基礎知識をわかりやすくご紹介していきます。

 

  • 改築の意味や他の工事方法との違いが分かる
  • 改築のメリット・デメリットが体系的にわかる
  • 自分の住宅は本当に改築すべきかどうかがわかる
  • 改築を検討する際に必要な概算費用が算出しやすくなる
  • 改築工事のかんたんな流れがわかる

 

この記事を読んで、改築の基本情報や他の工事との違いを把握していきましょう。

改築とは?他の用語との違いも解説

改築は専門業者でない限り、誤解を生みやすい言葉と言えます。

特に改築と増築は同時に使われることが多いため、一般の方からすると混乱を招きやすいでしょう。

改築は「建築基準法」と呼ばれる法律である程度定義されています。
 

改築 増築
合計床面積は変えずに
・建物のすべてまたは一部を壊して新しくする
・建物の構造部に手を加える工事
合計床面積を増やし、
・建物を大きくする
・敷地内に新しい建物を立てる

 

上記を考慮したうえで、改築や増築だけでなく、似たような言葉の意味を再度確認してみましょう。

 

改築 増築 改修
・建物のすべてまたは一部を壊して新しくする工事
・建物の構造部に手を加える工事
・床面積は変えない
・建物を壊さずに階数を増やしたり、敷地内に新たな建物を建てたりする工事
・合計床面積が増える
・設備機器を新しくしたり壁紙や外壁を張り替えたりする工事
・建物はそのまま

 

以下でより詳しく解説します。

床面積が変わらない「改築」

改築は、建物の一部もしくは全てを壊し、構造物に手を加える工事のことです。

具体的には、以下のような内容を改築工事と呼びます。

 

改築工事の内容
  • 構造物の間取りを変更する工事
  • 構造物の一部あるいはすべてを壊し、新しい構造物にする工事

 

新しく建物の階数を増やしたり、敷地内に別の建造物を建てたりすることがないため、工事規模も増築と比較すると小規模だと言えます。

改築と似た言葉「改修」との違いは?

改築 改修
・建物のすべてまたは一部を壊して新しくする工事
・建物の構造部に手を加える工事
・床面積は変わらない
・設備機器を新しくしたり壁紙や外壁を張り替えたりする工事
・建物は壊さずそのまま

 

改築と似た言葉に「改修」がありますが、明確な違いは建物の構造物がそのままかどうかにあります。

改築の場合は、家屋のすべてあるいは一部を壊したり構造物に手を付けたりして工事が行われますが、改修は建物の構造はそのままです。

また、改修工事は設備機器や壁紙・外壁などを新しくするという点から、リフォーム工事に当たります。

 

リノベーションとリフォームの違いについては別の記事で事例を交えながら詳しくご紹介していますので、併せてご覧ください。

 

2分で分かる!リフォームとリノベーションのたった1つの違い

改築と増築の細かな違い

改築 増築
・建物のすべてまたは一部を壊して新しくする
・建物の構造部に手を加える工事
・床面積は変えない
・建物は壊さない
・階数を増やしたり、敷地内に新たな建物を建てたりする
・合計床面積が増える

 

改築について調べていると、増改築という言葉も見かけるでしょう。

改築と増築の細かな違いは、建物を壊すのかまたは工事後の床面積に変更があるかどうかです。

上記に示した通り、増築ではすでにある建物に対して構造物が新しく追加されることにより合計の床面積が増える工事になります。

一方、改築はすでにある建物を部分的に手を加えて新しい造りに仕上げる工事であるため、床面積に変更は生じません。

 

また、改築と増築は同時に行われることも珍しくないため、混乱してしまいがちです。

改築だけであれば、増築あるいは増改築よりも規模が小さいと言えますので、工期や工事に伴う準備からも判断できます。

 

増築も必要である可能性が生じた場合は、以下の基礎知識に関する記事も一読することで、安心して工事見積を請求できるでしょう。

 

増築の意味や定義とは?基礎知識をわかりやすく解説

改築における費用相場

改築工事をする際に気になるのは、やはり費用だという方も多いのではないでしょうか。

改築の場合は坪数だけでなく以下の要素によっても費用が変わります。

 

  • 増築も一緒にするのか
  • 戸建てなのかマンションなのか

 

詳しく見てみましょう。

一般的な改築における費用相場を坪数で解説

まず、改築工事をする際にかかる一般的な費用を建て替えにかかる相場のみ抽出して以下にまとめました。
 

坪数 費用相場
30坪 1,940万円ほど
35坪 2,240万円ほど
40坪 2,540万円ほど

 

上記表示した相場には、付帯工事や諸経費などといったコストは含まれていませんが、改築する場合は少なくとも2,000万円以上の費用の準備が必要であることがわかります。

 

以下の記事では、実際の改築事例およびかかった費用を写真付きでご紹介していますので、検討している方は参考にしてみてください。


建て替えにかかる費用とは?内訳と費用を抑えるコツをご紹介します!

戸建てなのかマンションなのかでも異なる

改築工事の費用は、自宅が戸建てなのかマンションなのかで相場が異なります。

 

以下で床面積の変わらない改築の中でも、間取りの変更を伴う全面改修の場合におけるおおよその費用相場を確認しましょう。

 

  戸建て マンション
1坪あたり 約40万円~ 約25万円~

70m² 約21坪
(一般的なマンション)

約840万円~ 約525万円~
90m² 約27坪
(一般的なマンション)
約1,080万円~ 約675万円~
100m² 約30坪
(一般的な戸建て)
約1,200万円~ 約750万円~
130m² 約40坪
(一般的な戸建て)
約1,600万円~ 約1,000万円~

 

部屋の広さが限られるマンションでは、1,000万円以下でもある程度要望に沿った改築工事が実現しやすいのではないでしょうか。

 

もちろん、改築する場所ごとに費用は変化します。

以下の記事も参考にしながら自宅に必要な箇所の改築費用の目安を把握しておくと便利です。

 

実例で見る!リノベーションにかかる費用と抑えるコツ

増築と改築を同時に行う場合

リノベーション会社のホームページや施工事例を見ていくと、増築と改築を同時に行っているであろう「増改築」と言う言葉を見かけることもあるでしょう。

 

増築と改築を同時に行う場合の費用相場について、畳数とともに目安の金額をご紹介します。
 

広さ 増改築の場合
2畳 140~170万円ほど
4畳 270~330万円ほど
6畳 400~500万円ほど
8畳 530~670万円ほど
10畳 670~830万円ほど

 

工事の過程に増築を加えることにより、改築と同時に床面積を増やすことになります。

従って、増築部分と元の住宅一部との動線も改築で確保することが一般的です。

 

また以下のような点から、増改築を検討している場合は実績のある業者に相談・見積を入手することを念頭に置き、工事計画を立てることをおすすめします。

 

  • 住宅の構造や築年数および工事内容などで費用は変化すること
  • 面積によっては確認申請と呼ばれる申請が不要な場合もある

 

増築にかかる費用は〇〇万円!費用を抑える方法と増築の注意点もご紹介

改築を行うメリットとデメリット

改築工事を検討しているとき、メリットやデメリットについても気になるものではないでしょうか。

改築工事のメリットとデメリットは以下の通りです。

 

メリット デメリット
・建物の躯体の変更は行わない
・建て替えに比べるとコスト面や工期が短い
・ライフスタイルの変化に対応できる
・住み続けているうちに感じる不便や不満も解消
・建物を強化できる
・自己判断で工事範囲が決定できない
・手続きが面倒
・固定資産税が上がる場合がある
・建物によっては改築不可の場合がある

 

それぞれについて詳しくご紹介します。
 

改築工事のメリット

自宅の改築を行うメリット部分を見てみましょう。

 

メリット
  • 建物の躯体の変更は行わない
  • 建て替えに比べるとコスト面や工期が短い
  • ライフスタイルの変化に対応できる
  • 住み続けているうちに感じる不便や不満も解消
  • 建物を強化できる


改築は床面積を変えずに間取りを変更したり基礎から建物を作り直したりする工事です。

基本的に躯体の変更はなく、建て替えするよりも低コスト・短工期で建物を強化しながら工事ができます。

また、自身のライフスタイルの変更に合わせて工事ができますので、子どもの成長に合わせた模様替えはもちろん、長く住んでいるうちに感じる不便や不満を改築で解決可能です。

改築工事のデメリット

一見、改築工事にはメリットが多くあるように見えますが、デメリットもあります。

 

デメリット
  • 自己判断で工事範囲が決定できない
  • 手続きが面倒
  • 固定資産税が上がる場合がある
  • 建物によっては改築不可の場合がある


建物の改築は築年数や構造など細かな点を考慮したうえで可能な範囲での工事が求められるため、自己判断できないものです。

場合によっては、改築不可能の住宅だったという場合もあるでしょう。

さらに、建物の状態や、改築だけでなく増築も検討するとなると建築の専門家に依頼するような諸手続きが発生します。

 

前述でも触れた、確認申請が代表例です。

「増築」に必要な確認申請のきほん|1から解説リフォーム簡単ガイド

 

また、改築を行う際も固定資産税が上がる場合があるため、専門家とよく話し合いながら建て替えなのかあるいは別の工事なのかを決めないと後悔の原因になります。

住宅の改築工事の流れ3ステップ

もし自宅を改築する場合、どのようなステップで工事を着手することになるのでしょうか。

この項目では、住宅の改築工事着工までの流れをかんたんに3ステップでまとめています。

 

改築工事の流れ3ステップ
  1.  リフォーム会社を探す
  2.  リフォーム会社とプランを詰めていく
  3.  改築工事着工

 

それぞれのステップについて詳しくご紹介します。

1. リフォーム会社を探す

まず、改築工事を得意とするリフォーム会社を2~3社ほどピックアップして問い合わせてみましょう。

リフォーム会社を選定するポイントは以下の通りです。

 

  • 建築士在籍の有無
  • 改築についての実績がきちんとわかるリフォーム会社かどうか

 

選定したリフォーム会社に実際にコンタクトを取り、見積もりを出してもらうことで費用の検討やサービス内容・アフターフォローなどについて具体的に比較しやすくなります。

 

また、プロのリフォーム会社にチェックしてもらうことで、改築以外の方法を提案してくれる場合もあるため、自身の住宅の状態や要望を考慮した工事ができるでしょう。

2. リフォーム会社とプランを詰めていく

相見積などでリフォーム会社を絞ったら、契約してプランをより具体的に詰めていきます。

リフォーム会社に要望を出したり提案をしたりして改築工事の内容をすり合わせ、納得いくプランにしましょう。

 

住宅の状態や改築内容によって確認申請が必要な場合は、この段階で諸手続きに関する準備をすすめます。

3. 改築工事着工

確認申請がある場合は審査通過後、不要である場合は工事日程を決めていよいよ改築工事の着工です。

富山県で改築工事を検討している際はユニテにご相談ください

富山県周辺で改築を検討していると言う場合は、120件以上の増改築の施工実績がある「ユニテ」にお気軽にご相談ください。

当社には一級建築士が在籍しておりますので、建築のプロがご自宅の状態を確認したうえでお客様へ最適なご提案をさせていただいています。

 

どのような些細な事でも構いませんので、改築に関するお困りごとがあれば、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

改築の基本情報と費用相場、メリット・デメリットについて解説しました。

 

・改築とは?他の用語との違い
・改築における費用相場
・改築を行うメリットとデメリット
・住宅の改築工事の流れ3ステップ

 

改築だけを行うこともあれば、ご要望によっては増築との組み合わせで工事することもあるため、

ご自宅のタイプや場所の面積などで費用形態は変化します。

 

改築工事は自己判断で決定すると後悔のもととなります。

一級建築士などの建築にまつわる資格を保有するスタッフが常在するリフォーム会社や改築に関する施工実績がある会社に依頼すると安心です。

 

この記事を参考に、他の建築用語と改築の違いを把握して、自身の住宅に合うのかどうかの判断材料のひとつにしてみてください。