1. トップ
  2. コラム
  3. マンションリノベーション費用の相場は坪あたり25万円!抑える秘訣もご紹介

マンションリノベーション費用の相場は坪あたり25万円!抑える秘訣もご紹介

マンションのリノベーションを行いたいが、費用が心配という方も多いのではないでしょうか。この記事ではリノベーションのプロである弊社が、フルリノベ・部分リノベの相場や節約のコツを解説しています。

「マンションのリノベーションはいくらでできるの?」
「費用を抑える方法が知りたい!」

 

このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

結論からお伝えすると、マンションのフルリノベーションの費用相場は25万円/坪 です!
ただ、こだわりの度合いや工事内容によって費用は前後するので、あくまで目安として捉えることが大切です。

 

これくらいの費用だろう、と思って見積もりをお願いしたら予算よりもはるかに高い見積もりを出されてしまうこともあります。これは、以下のような場合が考えられます。

  • 費用のかかる工事内容であることを把握していなかった
  • お願いしたリノベーション会社が怪しい会社だった

 

そのような事態にならないために、本記事では以下の内容についてご紹介しています。

  1. マンションリノベーションの費用相場
  2. マンションリノベーションの実例をもとに費用をご紹介
  3. マンションリノベーションの費用を予算内に収めるコツ
  4. マンションリノベーションでのローンの組み方
  5. マンションリノベーションの施工会社を選ぶポイント

 

この記事を読んで、費用も仕上がりも納得のいくマンションリノベーションを成功させましょう!

1.マンションリノベーションの費用相場

マンションリノベーションの費用相場を、フルリノベーションと部分リフォームに分けてご紹介します。

マンションフルリノベーションの費用相場

マンションのフルリノベーションの費用相場は25万円/坪です。
坪単価を25万円としたときの様々な部屋の広さのリノベーション費用目安を示しているので、ぜひ参考にしてみてください!

 

住む人数 単身 2人 3人 4人
面積 50㎡(15.1坪) 75㎡(22.7坪) 100㎡(30.3坪) 125㎡(37.8坪)
費用 378万円 568万円 758万円 945万円

 

マンションの部分リフォームの箇所別費用相場

箇所別の費用を以下の表にまとめました。

 

施工内容 費用
トイレ取替 20~50万円
キッチン取替 50~150万円
浴室リフォーム 50~150万円
洗面所リフォーム 15~50万円
床の張替え(/6畳) 10~18万円
壁紙の貼り替え(/6畳) 3万円~
天井補修(/6畳) 3万~7万円
照明器具の付け替え(/箇所) 5,000円~
ドアの付け替え(/箇所) 6万円~

 

予算に限りのある方はぜひ部分リフォームも検討してみてください!
 

2.マンションリノベーションの実例をもとに費用をご紹介

前章では一般的な相場についてお伝えしましたが、本章では実際の事例をもとに、マンションのフルリノベーションと部分リフォームの費用をご紹介していきます。

マンションのフルリノベーション事例

マンションのフルリノベーション事例を費用別に4つご紹介します。


 ①260万円
 ②500万円
 ③680万円
 ④740万円

 

①費用260万円で行ったマンションフルリノベーション事例

・傷ついてボロボロになっていたクロスを綺麗にし、全体的に内装を整えた
・リビングの床や天井などは既存のまま活用し費用を抑えている

□リビング Before①

After①

□リビング Before②

After②

□和室 Before

After

□浴室 Before

After

②費用495万円で行ったマンションフルリノベーション事例

・和室二間と繋げて広々としたLDKに
・閉鎖的な空間だった台所を対面式キッチンに変更し一体感を演出
・洋間にはあまり手を加えずよく使う箇所を優先的にリノベーション

 

施工前

施工後

□リビング Before①

After①

□リビング Before②

After②

□キッチン Before

After

□浴室 Before

After

③費用680万円で行ったマンションフルリノベーション事例

・間取り変更なしのリノベーション
・浴室扉を開き戸から折り戸にしてスペースを広く使えるように
・白や明るい色を基調としたすっきりとしたお部屋に

 

施工前

施工後

□リビング Before①

After①

□リビング Before②

After②

□キッチン Before

After

□和室 Before①

After①

□和室 Before②

After②

□洗面脱衣室 Before

After

□浴室 Before

After

□玄関 Before

After

④費用740万円で行ったマンションフルリノベーション事例

・レトロな印象だったお部屋を清潔感溢れる空間に
・リビングに壁面収納をつくり収納力アップ

 

施工前

施工後

□リビング Before

After

□寝室 Before

After

□キッチン Before

After

□トイレ Before

After

マンションの部分リフォーム事例

□玄関 Before

After

マンションの部分リフォーム事例

マンションの部分リフォームの実例を2つご紹介します。

 

❶180万円
❷280万円

 

❶費用180万円で行った部分リフォーム事例

この事例では、洗面脱衣室・浴室のみをリフォームしました。

Before①

After①

Before②

After②

❷費用280万円で行った部分リフォーム事例

浴室に特にこだわったリフォームです。

Before

After

3.マンションリノベーションの費用を予算内に収めるコツ

マンションリノベーションの費用を予算内に収めるコツを5つご紹介します。

  • 優先順位の高いものから優先的にリノベーションを行う
  • 間取りを変えない
  • 設備や素材のグレードを見直す
  • 複数の業者に見積もりをお願いする
  • 補助金制度・減税制度を利用する

 

それぞれについて詳しくご説明していきます。

優先順位の高いものから優先的にリノベーションを行う

マンションリノベーションの費用を予算内に収めるためには、優先順位を決めて優先順位の高いものからリノベーションを行いましょう。
優先順位の高い部分にこだわってリノベーションし、綺麗に使い勝手よくなることでより満足度の高いリノベーションになるからです。

 

例えば「とにかくお風呂が寒いのをどうにかしたい!」
 ⇒・冬でも冷たさを感じにくいクッションフロア
  ・お湯が冷めにくい浴槽
  ・浴室暖房機の導入

 

このような工夫ができますね。

また、優先順位を決めて施工範囲を絞ることで費用も抑えることができるというメリットもあります。

どうやって優先順位を決めたらいいの?という方もいらっしゃると思うので、優先順位の決め方についてもお伝えします。

 

優先順位の決め方の例
  1. こだわりたい部分を優先的にリフォームする
  2. 現在生活していて最も支障度の高い部分を考えてリフォームする
  3. 小さい部分より大きい部分を優先的にリフォームする

 

おすすめは2番目の「現在生活していて最も支障度の高い部分を考えてリフォームする」という優先順位の決め方です。生活していて不都合だと感じていたり壊れている部分の使い勝手が良くなると満足度が一気に上がるからです。

優先順位を決めて納得のいくマンションリノベーションにしましょう!
 

間取りを変えない

「間取りを変えない」という選択を取ることでも費用を抑えることができます。
間取りを変える際には壁を取り払い、また新たに壁を作る必要がありますが、間取り変更を行わない場合はその分の費用がかからないからです。

例として、以下の事例を比べてみましょう。
 

事例①

・和室二間とリビングをつなげ4LDKから2LDKへの間取り変更を行った
・費用:495万円

事例②

・間取り変更を行わず、内装を整えたり設備の交換を行った
・費用:250万円

内装のこだわりなどに違いはありますが、間取りを変更していない事例は変更した事例と比べて費用が半分程度になっていることが分かりますね。
このように、間取りを変えないことは費用を抑えることにつながります。

現在の間取りを活かして、さらに快適な暮らしをする方法を考えてみましょう!

設備や素材のグレードを見直す

次に、リフォーム費用を抑えるには設備や素材のグレードの見直しをしてみましょう。
グレードの低いものを選んでいけばそれだけ費用が安くなるため、とてもシンプルに費用を抑えることができるのです。
住宅設備に関して、特にこだわりがない方の場合は必要最低限の機能を備えた設備のみでも十分でしょう。

 

しかし、「使い勝手の良いシステムキッチンを導入したい」「ホテルのようなバスルームにしたい」などのこだわりがある方はそれらの住宅設備に予算をかけ、それ以外の部分は一般的なグレードのものにすると、こだわりも取り入れながら費用を抑えることができます。

 

今の段階で必要以上にグレードの高いものを選んでいないか、ぜひ確認してみてください!

複数の業者に見積もりをお願いする

費用を抑えるためには、複数の業者に見積もりをお願いしましょう。
なぜなら、業者によって工事の提案内容が違い価格に差が生じることがあるからです。

そのため、出来るだけ安く工事を行いたい場合には相見積もりを取りましょう。
行いたい工事内容と予算のバランスを考えて、最も理想を叶えてくれる業者に依頼するのがいいですね。

補助金制度・減税制度を利用する

最後に、リノベーション費用を抑える方法として、補助金・減税制度の利用があります。
要件に当てはまっている場合には補助金が交付されたり、固定資産税や所得税の一部が控除されたりします。
実際に利用できる可能性のある制度をご紹介します。

▽マンションリノベーションで利用できる補助金・減税制度

  • 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業
  • 次世代省エネ建材の実証支援事業
  • グリーン住宅ポイント制度
  • リフォーム減税制度

 

それぞれ詳しくご紹介していきます。
 

高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業

次世代省エネ建材の実証支援事業

高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)の要件に当てはまっている場合 1戸あたり最大15万円

次世代省エネ建材の実証支援事業(次世代建材)の要件に当てはまっている場合 1戸あたり最大125万円が支給されます。

 

  高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業 次世代省エネ建材の実証支援事業
概要

一定の省エネ効果(15%以上)が見込まれる高性能建材(断熱材、ガラス、窓)を用いた住宅の断熱リフォーム事業

短工期で施工可能な高性能断熱パネルや潜熱蓄熱建材、調湿建材等の付加価値を有する省エネ建材を用いた住宅の断熱リフォーム事業

住宅区分

戸建住宅 集合住宅 戸建住宅 集合住宅
(個別) (全体)
申請者

個人の所有者

管理組合の代表者 個人の所有者
賃貸住宅の所有者
補助対象製品

断熱材、ガラス、窓

戸建て住宅のみ
・家庭用蓄電システム
・家庭用蓄熱設備

断熱パネル、潜熱蓄熱建材

上記に追加可能
・窓・断熱材・玄関ドア・調湿建材

補助上限金額 120万円/戸 15万円/戸 200万円/戸 125万円/戸

 

さらに詳しい情報をご覧になりたい方は、

 

一般社団法人 環境共創イニシアチブの高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業について

一般社団法人 環境共創イニシアチブの次世代省エネ建材の実証支援事業について

をご覧ください。

グリーン住宅ポイント制度

グリーン住宅ポイント制度は、要件を満たすと最大で30万円相当のポイントが発行され、それらを追加工事費用や商品交換等に充てることができます。

グリーン住宅ポイント制度を受けることができる主な要件として、以下のような項目があります。


①自らが居住すること
②2020年12月15日~2021年10月31日の期間に契約が締結されていること

※現在は終了しています
③以下の対象工事を満たすこと

 

対象工事
合計発行ポイント
5万ポイント以上
①~③のいずれか必須
①エコ住宅設備の設置
②開口部の断熱改修
③外壁、屋根・天井または床の断熱改修
①~③と併せて実施した場合のみ対象
④バリアフリー改修
⑤耐震改修
⑥リフォーム瑕疵保険等への加入
  ⑦既存住宅購入加算

 

要件に当てはまっている場合には、追加の工事費用などを浮かせることができますよ!
 

詳しい情報を知りたい方は、

グリーン住宅ポイント制度についてをご覧ください。

リフォーム減税制度

リフォーム減税制度が適用される工事は以下のものがあります。

  • 耐震リフォーム
  • バリアフリーリフォーム
  • 省エネリフォーム
  • 同居対応リフォーム
  • 長期優良住宅化リフォーム

 

それぞれについて以下の表にまとめました。

 

  耐震
リフォーム
バリアフリー
リフォーム
省エネ
リフォーム
同居対応
リフォーム
長期優良住宅化
リフォーム
改修工事の種類 現行の耐震基準に適合する耐震改修工事 ①通路の拡幅
②階段の勾配緩和
③浴室改良
④便所改良
⑤手すり取付
⑥段差の解消
⑦出入口の戸の改良
⑧滑りにくい床材料への取替
①全ての居室の全ての窓の断熱工事
②床・天井・壁の断熱工事
③太陽光発電設備設置
④高効率空調機・高効率給湯器・太陽熱利用システム設置
①調理室の増設
②浴室の増設
③便所の増設
④玄関の増設
①小屋裏の換気性を高める工事
②小屋裏の状態を確認するための点検口を天井等に取り付ける工事
③外壁を通気構造等とする工事
④浴室又は脱衣室の防水制を高める工事
⑤土台の防腐又は防蟻工事
          等
所得税
(投資型)
最大控除額
25万円 20万円 25万円
35万円

(省エネ改修と併せて③を行った場合)
25万円 25万円
(耐震又は省エネ+耐久性向上の場合)
50万円
(耐震+省エネ+耐久性向上の場合)
所得税
(ローン型)
最大控除額
  62.5万円
(12.5万円×5年間)
62.5万円
(12.5万円×5年間)
62.5万
(12.5万円×5年間)
62.5万円
(12.5万円×5年間)
固定資産税減額 1/2を軽減 1/3を軽減 1/3を軽減   2/3を軽減

 

それぞれの減税の詳しい要件については、

住宅リフォーム推進協議会の住宅リフォーム減税についてをご覧ください。

4.マンションリノベーションでのローンの組み方

マンションリノベーションでローンを組む際は、リフォームローンより住宅ローンをおすすめします。

以下、具体的な例を2つご紹介します。

  • マンション購入時のローンが残っている場合

  ⇒ローン残高にリノベーション予算を上乗せした金額で借り換えする
   ※その際に手数料が必要なためその金額を考慮して決定する必要がある

  • 数百万円程度の借入の場合

  ⇒信販系が手軽でおすすめ!
   申込書に必要事項を書き込みFAXを送るだけで審査でき、銀行に行く時間も節約できる

 

2つの例をご紹介しましたが、自分の場合はどうなんだろう?と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

そんなときはぜひリノベーションをお願いしようと思っている会社に、ローンについて相談してみてください。
あなたの状況に適したプランを提案してくれるはずです!

5.マンションリノベーションの施工会社を選ぶポイント!

リノベーションを行う際には、施工会社の選定がとても重要です!
なぜなら、リノベーション会社によって仕上がりのクオリティや満足度が大きく異なるからです。
そこで、マンションリノベーションの施工会社を選ぶ4つのポイントをご紹介します。

  • 予算内で出来ることと出来ないことを教えてくれる
  • 自分の想いやセンスを理解してくれる会社
  • 地元密着型である
  • アフターフォローがしっかりしている

 

それぞれについて詳しく解説していくので、ぜひ良いリノベーション会社を見つけてくださいね!

予算内で出来ることと出来ないことを教えてくれる

1つ目は、予算内で出来ることと出来ないことを教えてくれる会社かどうかを見極めることです。
本当は出来ないこと、出来るか分からないことでも「出来ます!」と言う会社が実際にあるからです。

それによって結果的に思っていたものと異なる仕上がりになってしまったり、費用が高くついてしまったりします。
なので、予算内で出来ないこともしっかりと教えてくれる会社を選びましょう。

自分の想いやセンスを理解してくれる会社

2つ目は、自分の想いやセンスをしっかりと聞いてくれて理解してくれる会社を選びましょう。
自分の思い描く理想の家を汲み取り、理解してくれる会社でなければ満足のいくリノベーションは難しいからです。
 

見分けるポイントとしては、以下のような点があります。

見分けるポイント
  • 話の波長が合うか
  • 「それは出来ないですね」など否定ばかりではないか
  • 自分のイメージに近いリノベーション事例があるか
  • 質問に対する回答は的確か

 

まずは話をしていて嫌な気持ちにならないか、話していて楽しいかに着目してみましょう。
気付いたら本心や本音が出ている、そんな担当者と一緒にリノベーションを進めていけるといいですね!

地元密着型である

3つ目は、地元密着型の会社であることです。

  • 地元密着型の会社は以下のようなメリットがあります。
  • 地域の特性に適した設計・工事を行ってくれる
  • 建材等の運搬コストが安く抑えられる
  • マージンがかからない可能性が高い
  • 工事後のメンテナンスが手厚い

 

このようなメリットから、地域密着型の工務店にリノベーションをお願いするのがおすすめです。

アフターフォローがしっかりしている

最後は、アフターフォローがしっかりしているかを確認しましょう。
リノベーション会社の中には、工事後のメンテナンスを行わずリノベーションをして終わりという会社もあるからです。アフターフォローや保証についての説明を始めにきっちりとしてくれる会社が良いですね。
特にアフターフォローに独自の部署がある会社であれば、手が回らずアフターが疎かになることもないでしょう。

リノベーションを行う前からアフターフォローのことを考えるのは気が早いと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、家を綺麗に長く住み続けていくには工事後のメンテナンスが欠かせません。

修理が必要になった場合にも保証があると安心なので、必ずアフターフォローに関して確認しておいてくださいね!

マンションのリノベーションをお考えの方はぜひユニテへ!

富山県でマンションのリノベーションをお考えの方はぜひユニテにご相談ください。
ユニテでは、大小さまざまなリフォーム・リノベーション工事を担当しており、プロの視点であなたのお家にあったご提案をいたします。

気になることやお家のことで悩んでいることがあればお気軽にご相談ください!

まとめ

今回はマンションリノベーション費用相場と抑える秘訣をご紹介しました。

 

1.マンションリノベーションの費用相場

2.マンションリノベーションの実例をもとに費用をご紹介

3.マンションリノベーションの費用を予算内に収めるコツ

4.マンションリノベーションでのローンの組み方

5.マンションリノベーションの施工会社を選ぶポイント

 

マンションリノベーションを成功させるためには、予算の把握と施工会社選びがとても大切です。
費用、仕上がりともに納得のいくマンションリノベーションを成功させましょう!