1. トップ
  2. コラム
  3. 費用2000万でできる家の建て替え!ローコストで実現させる注文住宅

費用2000万でできる家の建て替え!ローコストで実現させる注文住宅

建て替え工事では、費用によって完成度に大きな差が出ます。そこで今回は、費用2000万円で行う家の建て替えについてご紹介。2000万円の費用内訳・上手く費用を抑えるコツ・家の完成度など、費用に沿った建て替え工事の詳細をお伝えします。

「2000万円で家は建て替えできるの?」

「2000万円の予算だとどれくらい要望を叶えられるの?」

「2000万円の予算に抑えるコツは?」

 

こんなことをお考えではないでしょうか?

 

結論から言いますと、2000万円の費用で家の建て替えは可能です!

ただし、2000万円で解体~新築までを行うので、「オーダーメイド」や「機能性」「デザイン」に制限がかかる可能性があります。

 

2000万円で家を建て替えるなら、どの部分に予算をかけたいかを事前にしっかり決めておくのが大切です。

これは注文住宅のこだわりにはキリがなく、こだわりを詰め込みすぎて大幅に予算をオーバーするという、失敗例がよくあるからです。

 

そんな状況にならないためにも、本記事では以下についてまとめています。

  • 費用2000万円で家の建て替えができるか
  • 費用2000万円で家を建て替える際の費用内訳
  • 建て替え費用を2000万円に抑えるコツ
  • 費用2000万円で考えるリノベーションと建て替え

 

この記事を読めば、2000万円の予算で理想の家に建て替える一歩が踏み出せますよ!

費用2000万円で家の建て替えはできる!

結論から言うと、制限がありますが家の建て替えは費用2000万円でもできます。

ただしオーダーメイドの箇所を絞ったり、家の面積を狭めたり、庭や玄関を最低限の工事にしたりなど、理想通りの建て替えはできません。

 

これは、家を建て替える際には新築費用だけでなく「解体費」や「廃材の処分費」、そのほか書類申請分の諸費用がかかるから。

建築工事は工期と床の総面積で決まるので、諸経費が膨らんで、思うように予算が組めないのです。

費用2000万円で家を建て替える際の費用内訳

では費用2000万円で家を建て替えるとしたら、どこにどんな費用が発生しているのでしょうか?

ここでは費用内訳について詳しくご紹介します。

 

費用の内訳が分かれば、より予算が組みやすくなります。

新築工事にどれだけの費用がかけられるかをしっかり把握しましょう。

 

まずは内訳の全項目をご紹介します。

 

項目

費用

内容

解体費用

木造:4~6万円

鉄骨:6~7万円
(1坪あたり)

既存の家を解体するための費用

設計・建築費用

60万円/坪

家の設計と建築を行う

オーダーメイドや特注品など、こだわりを持つとさらに高額になる

登記費用

5万円

建物滅失登記

建物表題登記

所有権保存登記

抵当権設定登記

測量費用

30万円

土地の境界線を再調査する

(境界が曖昧な場合のみ)

地盤調査・改良費用

調査:4~30万円

改良:3万円/坪

土地の地盤を調査し、

家が建てられる基準を満たすか確認する

廃材処分費用

5,000円~2万円/坪

解体で発生した廃材を処分する

各種税金

不動産取得税

登録免許税

印紙税など

 

次にそれぞれの費用を手順に沿って説明していきましょう。 

 

①解体+廃材を処理する

解体費用は木造建築と鉄筋構造で異なりますが、一坪あたり4万円~7万円が相場です。解体工事は建て替えの契約を結んだあと、まず第一に取り掛かる工事。

 

おおよその工事が相場通りに行われますが、狭い住宅地だったり、玄関や庭の工事が増えたりすると解体工事の費用も高くなります。

②測量・地盤調査を行い土地を精査する

地盤調査は必ず行いますが、測量は敷地の境界線がはっきりしない場合にのみ行われます。

費用は地盤調査が4~30万円、測量が30万円程度。

地盤調査の結果次第では、地盤の改良費用3万円/坪が発生します。

 

これは建物を建てられるだけの強度があるかを確かめるための作業。

実は土地の地質によっては住んでいるうちに少しずつ傾いていることもあり、

過去に問題なしだったとしても、同じように問題なしという結果が出るとは限らないのです。

③建物滅失登記を申請する

建物滅失登記では4~5万円が必要になります。

申請のタイミングは解体工事の完了後で、ほとんどは土地家屋調査士に相談して行います。そのため4~5万円というのは、土地家屋調査士に依頼するための費用です。

④設計・建築工事を行う

設計・建築工事は床の総面積と工期で費用が変わります。

費用相場は一坪あたり60万円。見積もりを取った際に、この坪あたりの単価を基準に比較すると、より比べ安くなります。

 

解体費や各種手続きに必要な費用は削れない、あるいは削りにくいので、予算調整はここで行います。

⑤建物表題登記と所有権保存登記を申請する

建物表題登記は8万円ほど、所有権保存登記は2~4万円の費用が発生します。

これはそれぞれ、土地家屋調査士と司法書士に依頼した場合の費用なので、

自分で行えばかなり費用を削減できます。

 

建物表題登記は「新築住宅の面積・家屋番号・住所・種類」を登録するもの、

所有権保存登記は「その物件が誰の持ち物なのか」を明確にするための登記です。

 

しかし建物滅失登記と同じように必要な書類が複雑なので、自分で申請するのはあまりおすすめできません。

家の建て替え費用を2000万円に抑えるコツ6選

家の建て替え費用を抑えるコツは以下の通りです。

  1. 既製品を活用する
  2. 工事はまとめて行う
  3. 床の総面積を少なくする
  4. 複雑な間取りは作らない
  5. 先を見越した部屋は無駄に作らない
  6. 安い建築材料を使う

 

業者に相談する際に費用を抑える手段を知っていれば、よりスムーズに建て替え工事が完了します。また、これらで費用を抑えた分、こだわりたい部分に費用をまわすのもよいでしょう。

 

それぞれの内容を詳しくご紹介します。

1. 既製品を活用する

費用を安く抑える方法としておすすめなのが、既製品を利用することです。

工事や住宅に合わせて部品や建材をオーダーすると、その分費用が増えてしまいます。

 

オーダーメイドは理想通りの家を実現させるために必要不可欠に感じるかもしれませんが、既製品を上手く加工したり、組み合わせたりすれば、既製品でも理想に近いものを作り上げられます。

2. 工事はまとめて行う

工事は1階部分、2階部分と分けずに短期間で一気に仕上げましょう。

建築工事は家の総面積のほか、人件費によっても費用が大きく増減します。

そのため工事は解体から新築まで一気に行ったほうが、費用が安く済むのです。

3. 床の総面積を少なくする

床の総面積を少なくし、部屋を広く見せる工夫を施すと費用が上手くカットできます。

これは工事費が床の総面積をもとに計算されるから。

 

床の面積が少なくなれば、壁や天井に必要な資材や工事が少なくなります。

広い家を建てたい気持ちをグッと抑え、本当に必要かをじっくり考えて相談してみてください。

 

工事の仕方によっては、狭い部屋でも十分広く見せる工事方法もあるので、併せて確認するのがおすすめです。

4. 複雑な間取りは作らない

家の工事費用を抑えるためには、複雑な間取りを減らすのも有効な対策方法です。

これは壁の総面積が少なくなり、結果的に資材や工期が削減できるから。

 

例えば部屋Aと部屋Bの間に、出っ張りのある小部屋を作ろうとすると、その出っ張り部分だけ追加で工事が必要になるのです。

 

複雑な間取りを避け、必要であればカーテンやパーテーションで簡易的に仕切るなど、工夫を施しましょう。

5. 先を見越した部屋は無駄に作らない

数年後の生活環境の変化を見据えた部屋はあまりおすすめできません。

これは先を見越しすぎた結果、使わない部屋ができてしまったという失敗例が多く存在するためです。

 

ある程度の見通しは必要ですが、客間や2世帯用の間取りなど、確実性のない部屋は極力減らすのがポイントです。

6. 安い建築材料を使う

間取りや総面積の次におすすめなのが、材料費をある程度削減する方法です。

建築材料の値段は幅広く、機能性を追求すれば費用もどんどん膨らんでいきます。

 

そのため雨や直射日光にさらされる外壁や、耐震構造、耐熱性など、機能面には予算をかけ逆に内装は安価な壁材や床材を使用する、メリハリのある選択がおすすめです

 

費用2000万円ならリノベーションの方がお得な場合も!

ここまで費用2000万円で行う、家の建て替えについてご紹介しましたが、場合によってはフルリノベーションや部分的なリノベーションの方が安く済む可能性があります。

 

リノベーションには

  • 費用を大幅に削減できる
  • こだわりたい部分にはとことんこだわれる
  • 解体費用や建築費用が抑えられる
  • 登記や税金が削減できる

などのメリットがあります。

 

リノベーションと建て替え、それぞれのメリットとデメリットをご紹介するので、それぞれ比較してみてください。

建て替えのメリット・デメリット

メリット

デメリット

最新の耐久性を取り入れられる

予算を絞ると制限が増える

住宅ローンが組みやすい

費用2000万円では完全な注文住宅の

建て替えは不可

自由度が高い

登記の手間と費用がかかる

 

建て替えの一番のメリットは、とにかく自由度が高いこと。

間取りや配管を気にする必要がないので、設計にとことんこだわれるのがポイントです。

 

ただしこだわりすぎると、前半で紹介した通り2000万円の予算には収まりません。

自由度は高いですが、費用面を考えるとその自由度も制限されてしまうのがデメリットです。

 

しかし新築工事はローンの商品数が多く、資金を用意しやすいというメリットがあります。

内容は時期によって異なりますが、環境に配慮した新築なら政府から補助金が貰えます。

リノベーションでできること・できないこと

基本的にはリノベーションで出来ない工事はありません。

実際に築年数100年以上の古民家をリノベーションしたという例もありました。

 

耐久性や断熱性はリノベーションでも、最新の設備に交換できます。

 

ただし、無理な間取りの変更はできません。

例えば梁や柱の数を減らしたり、壁を極端に少なくする工事は耐久性を損なうため、実現できないのです。

 

費用2000万円でリノベーションした例5選

実際に費用2000万円でリノベーションを行うと、まるで新築のように家を生まれ変わらせることができます。これは細かい部分から大きな部分まで、全てリノベーションでできるから。

 

ここからは、実際に費用2000万円以内で行ったリノベーションの実例をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

例① 20年先でも安心して暮らせる家

もともと5室あった和室を使い勝手よく生まれ変わらせた例です。

キッチンと面した和室はフローリングに変更して、広々としたLDKに。また、リビングの隣にある和室は、半畳たたみで今らしく改造しました。引き戸を閉めれば個室としても使えるのがポイントです。

基本的に、リビング・和室・寝室が一直線になるように作られており、高齢のご両親への気遣いが反映されています。キッチン、トイレ、洗面所は収納性や機能性を重視し、使いやすさを重視。

外壁工事にもたっぷり費用をかけており、サビに強く、耐用年数が30年の「ガルバリウム鋼板」を重ね張りにしています。

予算内でしっかり「住みやすさ」を反映させた一例です。

 

費用 1900万円
築年数 35年
間取り(施工前) 8DK
間取り(施工後) 5LDK

例② こだわりの詰まったヴィンテージな雰囲気のある家

ヴィンテージ感と異国の雰囲気が魅力的な、内装にこだわったリノベーション例です。

内装にとことんこだわっており、ダークブラウンの床材や木を使用した造作洗面台など、家全体がブルックリンスタイルに染まっています。

すりガラスを使用したドアは、部屋のアクセントになり、馴染みが良いのがポイント。

デザイン性にこだわったリノベーション例です。

 

費用

1860万円

築年数 30年以上
施行面積 102m²
間取り(施工前) 6DK
間取り(施工後) 4LDK
構造 コンクリートパネル造

例③ カフェのようなおしゃれなキッチンがある家

開放感のあるリビングと、カフェのようなキッチンが特徴のリノベーション例です。

キッチンの照明はペンダントライトを使用しており、それがカフェのような雰囲気を演出。天井、床、設備を木目調で統一しているため植物との相性のよさもポイントです。

玄関の腰板や、和室はリノベーション前のものを活かし、費用を抑えながら新旧の良さをそれぞれ取り入れたリノベーション例です。

 

費用

1990万円

築年数 55年
施行面積 167m²
間取り(施工前) 8DK
間取り(施工後) 4LDK(5LDK)

例④ 開放感のある自然光溢れる家

リビング、キッチン、和室、いたるところに大きな窓を設け、開放感のある明るい空間を実現したリノベーション例です。

 

動線や使い勝手の良さにも配慮し、部屋の配置や収納力にもこだわりました。費用2000万円以内ですが、広々とした空間と落ち着きのある内装にこだわった例です。

費用

1990万円

築年数 60年

例⑤ 家族団らんにこだわったリビングがある家

リビングやキッチンなど、家族で集まる部屋に予算をかけたリノベーション例です。

リノベーションでは内装工事だけでなく、床暖房や断熱など機能性を追加する工事もできるので、レベルの高いこだわりも反映できるのが特徴。

構造的に無理のない範囲なら、間取りを大きく変更することもできます。内部の機能性にこだわりを持ちたい方にも、リノベーションはおすすめの工事方法なのです。

費用

2020万円

 

富山県のリノベーションならユニテにご相談ください!

もし富山県内で家の建て替えをお考えの方がいれば、ぜひユニテにご相談ください!

リノベーションと建て替え、どちらが向いているかは住宅の状況やご要望によって異なります。

 

ユニテでは「お客様のお声に耳を傾けること」をモットーに、工事を行っています。

家の工事は一生の中でも特に大きなお買い物。住みやすさとこだわりを折り重ねて、とっておきの家を完成させられるように努めます。

 

ぜひお気軽にご相談ください!

 

まとめ:費用2000万円で家を建て替えるなら費用をうまく削減しよう!

費用2000万円で家を建て替えるには、

  • オーダーメイドの部分を減らす
  • 内装の建材を安いものにする
  • 床の総面積を少なくする
  • 複雑な構造や間取りを作らない

以上4点がポイント。

 

床の総面積と工期を短くできれば、費用も大幅に削減できます。

 

まずは解体費、廃材処分費、登記費用やその他税金の費用がいくらかかるかをしっかり押さえ、建築費にどれだけの予算をまわせるか計算しましょう。