1. トップ
  2. コラム
  3. 費用1500万円で家を建て替える!予算内訳や節約のコツをご紹介

費用1500万円で家を建て替える!予算内訳や節約のコツをご紹介

「1500万円で家は建て替えられるの?」

「1500万円の予算だとどんな家ができる?」

「1500万円の予算ではどれだけの要望が叶えられるの?」

 

こんなことをお考えではないでしょうか?

 

結論から言いますと、かなり制限は付きますが、1500万円の予算があれば家の建て替えはできます!ただ制限が厳しく、オーダーメイドの部分や質のよい建材などにはこだわれないというのがポイントです。

 

以下の表に、1500万円でできること、できないことをまとめました。

できること

できないこと

坪数を少なくした建て替え

フルオーダーメイド

耐久性や耐震性をより優れたものにする

質の良い建材を全面的に使用する

機能性の優れた家に建て替える

凝った外構工事

 

1500万円で家を建て替えるには、費用をかけたい部分を絞り、計画性をもって工事を行うのがおすすめ。

 

家はお金をかければ際限がないので、オーダーメイドや間取りにこだわりすぎると、予算が大幅にオーバーしてしまうからです。例えば間取りを複雑なものにするだけでも、材料費と工期が伸び、費用がかさんでしまうのです。

 

1500万円の決められた予算で家の建て替えを行うために、今回は重要な以下5つのポイントをご紹介します。

 ●1500万円で家を建て替える際の条件

 ●家の建て替え費用を抑えるコツ

 ●家の建て替え費用の予算内訳と相場

 ●建て替え費用の上手な計算方法

 ●1500万円で家を建て替えるのは本当にお得なのか

 

この記事を読めば、1500万円の予算で理想の家を創る一歩が踏み出せますよ!

費用1500万円で家を建て替える際の条件と費用を抑えるコツ

1500万円の予算で家を建て替えるには、まずどこにどれだけの費用がかかるのかを押さえるのが大切です。おおまかな相場を押さえておけば、実際に予算を組む際に具体的に意識しやすくなるからです。

 

また「ここにこれだけこだわると費用がかさむ」など、条件やこだわれるポイントを知っておくと良いでしょう。

 

ここでは以下のポイントを解説します。

 ●内装などの細部にこだわりを持ちすぎない

 ●部品は高価なものを使用しない

 ●家を広くしすぎない

 ●間取りを複雑にしない

 

さっそく1500万円以内に予算を抑えるための条件と、費用を抑えるコツを見ていきましょう。

内装などの細部にこだわりを持ちすぎない

まず、細部までこだわりを持てないことが挙げられます。ここでいう細部とは、内装や外構などの見た目の装飾部分のことを指します。

 

注文住宅ならではのユーモアある内装に憧れますが、1500万円の予算ではなかなか内装までこだわる余裕がありません。

ただし逆にいえば、内装工事をできるだけ最低限に抑えれば、費用を大幅にカットできるのです。

 ・建材をできるだけリーズナブルなものにする

 ・複雑で手のかかる内装は注文しない

 ・タイルの貼り付けや簡単な装飾は省くか、自分でリノベーションしてみる

以上が内装工事の費用を抑えるポイントです。

 

内装は雨風・直射日光にさらされず、耐久性が劣っていても劣化しにくいのが特徴です。最低限の装飾に留め、費用を抑えるように意識しましょう。

部品や材料は安価なものを使用して費用を抑える

費用を抑えるには、部品ひとつひとつの予算を抑えるように意識しましょう。

 

家の建築に使われる建材は、質と料金に大きな差があります。これは、内装だけでなく、キッチン・トイレ・洗面所など住宅の機能部分や、照明、コンセントなどの細部も同じです。

また、部品を特注すると材料費も大幅にアップします。オーダーメイドの部品はできるだけ避け、既製品をうまく組み合わせて利用することで、オーダーメイドでなくても理想に近い家が完成するはずです。

 

ただし「ここだけはこだわりたい」という箇所には予算を多めにかけると、より満足のいく家が出来上がります。例えば「トイレはバリアフリーにしたい」という要望があるなら、他の費用を抑えてトイレの工事に予算を回すと、より満足度の高い仕上がりになります。

 

完成した家がとっておきの家になるように、妥協する部分とそうでない部分をしっかり区別しましょう。

坪数を少し減らして費用を抑える

家の建築費用を抑えるためには、坪数を減らすのがおすすめです。

建築費用は坪数で決まることが多いため、床の総面積が広ければそれだけ費用は高く、狭ければ安くなるのです。

 

これは、床の面積が変われば、壁や天井、屋根の工事面積も変わるからです。材料費と工期が少なくなるので、総工費も安くなります。

 

控えめの予算で家を建て替える例として多いのが、2階部分を無くした平屋や、住む人数を少なくし、部屋数を削った小さめの一軒家を建てる例。必要以上に部屋を作らないことを意識して、材料費だけでなく空間の無駄を省くのもポイントです。

間取りをシンプルにして費用を抑える

間取りをシンプルにして、壁の数を少なくすると総工費もグッと抑えられます。これも先ほどの坪数の関係と一緒で、壁を作るのに必要な材料が少なく済むからです。

 

例えば客間が欲しいと思った場合、広めのリビングを作り、その間にスライド式の引き戸を作れば壁にかかる工費が抑えられ、その分費用が安くなります。

 

このように間取りに少し工夫を施すだけで、費用が大幅に抑えられる可能性があるのです。業者の方にアドバイスをもらって一緒に考えてみてください。

家の建て替え費用1500万の予算内訳・相場をご紹介!

予算内で家を建て替えるには、予算の内訳を知っておくと納得のいく工事ができます。家を建て替える際は建築費用だけでなく、解体費用や各種税金が必要になるので、家の建築に思ったよりも予算が割けない場合があります。

 

思ったよりも予算が少なかったという状況を防ぐためにも、ここでは建て替え費用の内訳と相場をご紹介します。

▽家の建て替え費用一覧(例)

項目

費用
既存住宅の解体費

木造:3~6万円/坪

鉄骨造:4~7万円/坪

RC造:6~8万円/坪

そのほか(カーポートなど):数万円~100万円程度

廃材処理費 5,000円~2万円/坪
測量費用 30万円前後
地盤調査・改良費用

調査:4~30万円

改良:3万円/坪

不動産取得税 不動産の価格(課税標準額)×3.0%
固定資産税 家屋の評価額×1.4%
登記費用 30万円前後(4項目全て含む)
登録免許税 固定資産税評価額×税率
印紙税 2万円(1千万円を超え5千万円以下:国税庁HPより)
設計料(依頼した場合) 建築費の10~15%
引っ越し代

①既存住宅→仮住まい

②仮住まい→建て替え後の住宅

の計2回分

 

既存住宅の解体費

住宅の解体費は構造や周囲の環境によって異なり、家の建て替えで最初に行われる工程です。

 

費用は木造・鉄骨・RC造などの構造と、工事車両が入れて足場が組みやすい環境であるかなどの周囲の状況によって左右されます。

これは解体にかかる作業時間が変化するから。頑丈なつくりであるほど、解体には時間がかかり、なおかつ工事車両が停車できるスペースがないほど狭いと、工事が思うように進まず人件費がかかってしまうのです。

解体費は削減しにくいので、相見積もりをとって料金を比較するのがよいでしょう。

廃材処理費

廃材処理費も家の坪数に従って、おおまかな相場が決まっています。

 

1坪当たり5,000円~2万円が相場ですが、特殊な建材を処分する際は、これよりも料金が高くなる可能性があります。

測量費用

測量費用の30万円は、敷地の境界線がはっきりしない場合にのみ発生します。敷地が不明なままでは、工事に着手できないからです。

 

測量の技術を持った「測量士」に依頼するため、依頼料として料金がかかります。すでに境界線がはっきりしている場合は、この測量費用はかかりません。

地盤調査・改良費用

地盤調査は法的に義務付けられている調査で、地盤が家の建築に適していることが示せないと保険に加入できないため、とても大切な工程です。

 

既存住宅を建築する際に地盤調査を行っていても、住宅の重みに耐えられず傾いている可能性があるので欠かせません。こちら地盤調査を行う専門の業者に依頼します。

 

もし地盤に問題があった場合は、それを改良するための費用1坪当たり4万円~が発生します。建物の土台となる工事なので費用は削れません。あらかじめ予算を確保しておきましょう。

不動産取得税

取得した不動産の価格 × 3.0%が、不動産取得税として課税されます。これは不動産(土地や家屋)を購入・贈与・建築して取得した場合にかかる税金です。

 

状況に応じて税率が軽減されている場合があり、今の3.0%の税率は、平成20年~令和6年3月31日まで適用されます。

固定資産税

土地や家屋には不動産取得税の他、固定資産税も課税されます。固定資産税は市町村ごとに決めている「課税標準額」をもとに、そこに税率1.4%をかけて算出します。

 

住宅完成後に継続して支払う税金なので予算に含まなくても、あらかじめ準備があると慌てずに済みます。

登記費用

家を建て替える際に必要な登記は計4つ。

 ・建物滅失登記

 ・建物表題登記

 ・所有権保存登記

 ・抵当権設定登記(ローンを組む場合のみ)

 

どれも「○○であることを公に示す」ための大事な申請で、登記を期間内に行わない場合は過料が定められており、注意が必要です。

どれも書類と申請がややこしいので、土地家調査士や司法書士に依頼するのがよいでしょう。

 

登記の項目

内容

申請日

費用目安

建物滅失登記
(解体登記)

建物の消失を意味する登記

解体登記された建物は、翌年から固定資産税がなくなる

解体後1か月以内

4万5,000円

建物表題登記

新築住宅の面積や家屋番号、住所、種類を記録する

外壁やキッチンなどの設備が完成してから

17万円前後

所有権保存登記

所有者、取得日、取得の方法が記載されており、誰の持ち物なのかを明確にする

建物の工事が完成してから

4万円

抵当権設定登記

住宅ローンを借りる際に必要

抵当権を設定し、それを担保としてローンを申請できるようになる

住宅ローン申請前

5~10万円

登録免許税

登録免許税は登記を行うために支払う税金で、登記費用とは別に支払います。

印紙税

印紙税は契約書を結んだ際に発生する税金で、1,000万円~5,000万円の場合は2万円と定められています。

 

これは国税庁が定めた税額で、工事は「請負契約」に分類されるため、「請負に関する契約書」として計算されます。

設計料

設計料は建築費のおよそ10%~15%くらいが相場だと言われています。

 

建物の構造を設計するには、安全性・耐久性・法律を加味する必要があり、建築士という国家資格がなければできません。そのため資格を持っている人に依頼し、その技術を借りるための費用が発生するのです。

2回分の引っ越し費用

見落としがちなのが2回分の引っ越し代。料金は家族構成や荷物の量、引っ越す時期によって異なります。通常期の全国平均では、家族4人で8万円前後が相場です。

 

引越し業者の繁忙期は3月と4月で、その時期だけは料金が倍近く高くなります。工期が調整できるようであれば、引っ越し時期はできるだけ繁忙期を避けましょう。

仮住まいの費用

また解体工事~建築工事が完成するまで、仮住まいとして賃貸契約を結ばなければなりません。工事が着工するかなり前から仮住まい探しを始め、直近になって慌てないようにしましょう。

家の建て替え費用の見積もり方法を知って予算を計算する方法

ここまで予算内訳や、費用を抑える方法などをご紹介しましたが、「自分の家はどれくらいかかるかもっと具体的に知りたい」という方も多いはず。自分の家にあった予算相場がわかれば、よりプランが立てやすくなります。

 

そこで、ここでは

 ・解体費用

 ・建築費用

 ・諸経費

の計算方法をご紹介します。

 

計算方法を目安に、具体的な費用を計算してみてください。

解体費用の計算方法

計算方法 坪単価(円)×延床面積(坪)

 

ここで言う坪単価は、構造や時期によって異なります。

例えば木造建築で、1階部分が50坪、2階部分が40坪の家なら

 坪単価6万円×90坪=540万円

が解体工事の費用となります。

 

また、坪単価は明確な基準がないため、ハウスメーカーや業者によっては計算方法や含まれる工事内容が異なる場合があります。相談時に坪単価を確認しておきましょう。

建築費用の計算方法

建築費用も解体費用と同じで、坪単価×延床面積で計算します。

計算方法 坪単価(円)×延床面積(坪)

 

低価格帯で工事される「ローコスト住宅」の坪単価はおおよそ30~50万円程度なので、この坪単価を目安に業者を探すと、上手く費用が抑えられます。

工事にかかる諸経費の計算方法

実は諸経費は業者ごとに料金も、その内容も異なり、明確な値が出せません。また業者によっては「一般管理費」として諸経費の一部を計上している場合があります。

 

諸経費がかかる理由は、工事を円滑に行うためのほか、その業者を運営していくための費用も含まれています。つまり、工事の近隣対策や記帳代、保険料、事務用品のほか、事務所家賃や運営費の一部も諸経費として計上されているのです。

1500万円なら建て替えだけでなくリノベーションも検討してみよう!

ここまで1500万円の予算で家の建て替えを考えてきましたが、リノベーションでも建て替えと同じように生まれ変わらせることができます。また、部分的に考えることができるので、費用のコントロールがしやすい、解体や登記の手間が省けるなど、リノベーションならではのメリットがあります。

 

ここでは、

 ・建て替えとリノベーションの違い

 ・リノベーションでできること・できないこと

 ・リノベーションのデメリット

の3つについてご紹介します。

 

ぜひ建て替えとリノベーションを比較するための参考にしてみてください。

建て替えとリノベーションの違い

基礎部分から工事しなおすのが「建て替え」で、基礎は残したままそれ以外の部分の改修を行うのが「リノベーション」です。

 

建て替えとリノベーションの大きな違いは以下にまとめました。

建て替え

基礎部分を取り壊し、基礎部分から再度家を建築する

リノベーション

基礎部分以外を部分的に工事し、改修・改装工事を行う

リフォーム

古くなった部分や老朽化した部分を修復する

 

リノベーションとリフォームも混同することが多いので、ここではリフォームも比較しています。つまり、リノベーションは既存住宅を活かした修復工事を行うとともに、新しい機能を付け足すことができるのです。

リノベーションでできること・できないこと

リノベーションは建物の耐久性が低下するような工事でなく、建築基準法に外れる工事でなければ基本的にどのような工事できます。

 

リノベーションでできる工事を以下にまとめます。

・外壁工事や内壁工事

・屋根材の強化や塗装

・断熱工事

・耐震補強

・間取り変更

・水回り設備の変更・増減

・窓の増減

・増築・減築

・ドア交換

・コンセントや照明器具の増減

・吹き抜け

 

これは、「建築基準法」にって安全な建築物の基準が明確に定められているためです。建築基準法や地域の規約が守られているかの確認作業を「建築確認」と言いますが、家を新築するときだけでなく、大規模な改修工事を行う際もこの建築確認が必要になります。

 

そのため、リノベーションでできること・できないことの判断基準は、建築基準法に沿った安全な建物であるかどうか。具体的には以下のようなリノベーション工事は難しいとされます。

・必要な梁や柱を取り壊す

・外壁に大きな穴を開ける

・壁を大幅に撤去する

・法律規則を超える増築

・2階建てを3階建てにする

リノベーションのデメリット

リノベーションのデメリットはひとつだけ。

建て替えと比べるとどうしても自由度が低くなってしまう点です。

 

リノベーションは既存住宅の構造や耐久性が反映されるので、構造上無理がある工事はできません。例えば先ほどの例にも合った「2階建てを3階建てに」は、もともと2階建て用の土台で造られているので、3階建てにするには耐久性が足りなくなってしまうのです。

 

ある程度の間取り変更や内装工事、水回りの変更はできますが、構造を大きく変える工事はできないのがリノベーションのポイントです。

富山県のリノベーションならユニテにお任せ!

もし富山県で家の建て替えやリノベーションをお考えの方がいたら、ぜひユニテにお任せください!

 

ユニテではお客様のご希望を第一に、理想の家づくりを提供しています。

ぜひご自宅の情報を持ち寄っていただき、「これはできる?」「これはできない?」「機能を新しくしたい!」などご希望をお聞かせください!

弊社のスタッフが専門家の立場でアドバイスさせていただきます。

 

アフターフォローも充実していますので、ぜひ弊社に理想の家づくりをお任せください。

1500万円でも家の建て替えはできる!コストを抑えて予算を組むのがポイント

1500万円でも家の建て替えはできます。家の建て替えには新築費用だけでなく、解体費、廃材処理費、登記費用、各種税金なども必要になります。家の建て替えプランを考えるときは、建築費だけにとらわれず、ほかの予算もしっかり計上しましょう。

 

また、1500万円に抑えるために

 ・建材は安いものを使用する

 ・建築費の坪単価を意識する

 ・内装にこだわりすぎない

 ・坪数を少なくする

 ・複雑な間取りを作らない

 ・庭や玄関の工事は最低限に抑える

などの費用を抑える工夫も必要です。

 

予算をオーバーしないよう、見通しをもってプランを組むのがおすすめです。